静嘉堂文庫美術館 「~かおりを飾る~ 珠玉の香合・香炉展」

美術館


「青磁香炉」
中国・南宋官窯
南宋時代(12~13世紀)
静嘉堂文庫美術館蔵
【全期間展示】

「撫子蒔絵錫縁香合」
桃山時代(16~17世紀)
静嘉堂文庫美術館蔵
【全期間展示】

「吉野山蒔絵十種香道具」
江戸時代(18世紀)
静嘉堂文庫美術館蔵
【全期間展示】

※画像の無断転載を禁じます

主催:静嘉堂文庫美術館

会期:2017年6月17日(土)~8月13日(日)

会場:静嘉堂文庫美術館

住所:〒157-0076 東京都世田谷区岡本2丁目23−1

TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

開館時間:午前10時~午後4時30分(入場は午後4時まで)
※7/1(土)~8/13(日)開館時間を延長いたします。
午前10時~午後5時(ご入館は午後4時30分まで)

休館日:月曜日(7月17日は開館)7月18日(火)

観覧料金:入館料:一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料
       ※団体割引は20名以上
※リピーター割引:会期中に本展示の入館券をご提示いただけますと、2回目以降は200円引きとなります。

概要:古くは仏前に芳香を献ずるものであった「香」の文化は、仏教伝播とともにわが国へ伝えられ、宗教上の用途にとどまらず、貴族の生活を彩り、王朝文学の世界へも広がりをみせました。香を()き、“聞き”あてるための雅な香道具も発達し、室町時代には、日本が中国との交易によって得た漆芸や古銅の香炉など、貴重な唐物(からもの)が会所で飾られました。

香合(こうごう)は、香を収める合子合子(ごうす)のこと、本来は香炉と組み合わせて用いられてきたものですが、“茶の湯”における「炭点前(すみでまえ)」の成立(16世紀末頃)とともに香炉からはなれ、しだいに自由な素材・造形のものが登場します。漆芸香合、和物の陶磁香合、中国へ注文された染付・赤絵・青磁香合、三彩の交趾(こうち)香合などがその例で、江戸初期よりその種類は実に多様となりました。

静嘉堂の香炉コレクションには、中国・南宋官窯の青磁香炉、野々村仁清(ののむらにんせい)作の重要文化財「色絵法螺貝香炉(いろえほらがいこうろ)」、「銹絵白鷺香炉(さびえしらさぎこうろ)」といった優品があります。本展では、香合コレクションから約80件を出品し、香炉の優品とともに、豪華な蒔絵の香道具もあわせ、約100件を公開いたしますのでどうぞご期待ください。香合・香炉のまとまっての公開は、20余年ぶりのこととなります。

本展では、国宝「曜変天目(ようへんてんもく)」(「稲葉天目」)も会期中を通して展示いたします。

公式サイト:http://seikado.or.jp/

地図(アクセスマップ)


« »